Web APIの利用方法

このチュートリアルでは、サンプルアプリケーションを通して、デバイスカメラでの写真撮影ができる MediaDevices API の使用方法を説明します。

Electron TODOアプリの作成

まず、Monacaテンプレートを使用してアプリケーションを作成しましょう。
Monacaダッシュボードから、 新しいプロジェクトを作る → サンプルアプリケーション に移動します。 次に、テンプレートリストから Electron TODOアプリ を選択し、プロジェクト名と説明を入力して、プロジェクトを作成します。

アプリケーション機能

このサンプルアプリケーションは、ToDoリストを作成および管理できます。
ユーザーは、既存の写真をアップロードするか、写真を撮影して追加できます。リストはローカルストレージに保存されます。

このチュートリアルでは、MediaCapture APIを使用して写真を撮る方法の説明に焦点を当てます。

アプリケーションを開くと、ローカルストレージに保存されているアイテムが表示されます。

アプリケーションダッシュボード

新しいアイテムを作成するには、アプリケーションの右側にある + new ボタンをクリックします。
新しいモーダルダイアログが表示されます。 camera ボタンをクリックして、ToDoアイテムの入力、既存の写真のアップロードまたは新しい写真の撮影を行うことができます。

Add New Item

camera ボタンをクリックすると、カメラのビューを持つ別のモーダルダイアログが表示されます。
Capture ボタンを押すと、ボックス内のレンダリングがキャプチャされ、画像として保存されます。

Taking Picture Using Laptop Camera

HTMLの説明

カメラモーダル

次のコードは、カメラモーダルについてです。
camera ボタンをクリックすると、このモーダルが表示されます。モーダルには、3つのボタンrotatecapturecancel があります。
rotate ボタンは、デバイスが前面カメラと背面カメラの切り替えをサポートしている場合にのみ表示されます。
video要素(id=video-container)は、内蔵のカメラからの映像をストリーミングするために使用されています。

<div class="modal fade" id="camera-modal" tabindex="-1" data-backdrop="static" role="dialog" aria-labelledby="camera-modal-label" aria-hidden="true">
    <div class="modal-dialog modal-dialog-centered" role="document">
        <div class="modal-content">
            <div class="camera-header-modal"></div>
            <div class="camera-modal-body modal-body text-center">
                <video id="video-container" class="camera-preview" autoplay></video>
            </div>
            <a id="cordova-camera-cancel" class="btn enabled camera-close-btn" data-dismiss="modal"><i class="fa fa-times"></i> cancel</a>
            <a id="rotate-camera" class="btn enabled camera-rotate-btn"><i class="fa fa-sync"></i> Rotate</a>
            <a id="camera-capture" class="btn enabled camera-capture-btn" data-dismiss="modal"><i class="fa fa-camera"></i> Capture</a>
        </div>
    </div>
</div>

JavaScriptの説明

グローバル変数宣言

カメラ機能に関する重要な変数を簡単に見てみましょう。

  • isFrontCamera: フロントカメラとリアカメラを切り替えるために使用されます。
  • FRONT_CAMERA: mediaDevices APIの facingMode Enum のフロントカメラ値を保存するために使用されます。
  • REAR_CAMERA: mediaDevices APIの facingMode Enum の背面カメラ値を保存するために使用されます。
let isFrontCamera;
const FRONT_CAMERA = 'user';
const REAR_CAMERA = 'environment';
const videoContainer = document.getElementById('video-container');
const btnOpenCameraModal = document.getElementById('open-camera-modal');
const btnRotateCamera = document.getElementById('rotate-camera');
...

mediaDevices API サポートの確認

次のコードは、(1)mediaDevices APIがサポートされているかどうかを確認し、
(2)デバイスがAndroidでrearカメラをデフォルトとして使用している場合は rotate ボタンをオンにします。

function initialize() {
  // Check if getUserMedia is supported on the device
  if (!hasMediaDevicesApi()) {
    btnOpenCameraModal.hidden = true;
  }
  if (isAndroidOS()) {
    // use rear camera for android
    btnRotateCamera.hidden = false;
    isFrontCamera = false;
  } else {
    // use front camera for browser/electron
    btnRotateCamera.hidden = true;
    isFrontCamera = true;
  }
  ...
}

function hasMediaDevicesApi() {
  return !!(navigator.mediaDevices &&
    navigator.mediaDevices.getUserMedia);
}

カメラのオン/オフ

MediaStream を生成するメディア入力の使用許可をユーザーに求めるために、getUserMedia()を使用します。
ストリームには、ビデオトラック(カメラ、ビデオ録画デバイス、画面共有サービスなど)、オーディオトラック、他のトラックタイプを含めることができます。詳細については、こちらの 公式ドキュメント を参照してください。

var promise = navigator.mediaDevices.getUserMedia(constraints);

この関数は Promise を返し、 MediaStreamConstraints オブジェクトをパラメーターとして受け入れます。

次のコードでは、幅と高さを 250 ピクセルに指定し、指定された引数に基づいてカメラに面するモードを設定します。
カメラデバイスが正常に接続されると、 Media Stream オブジェクトが返され、video 要素に割り当てられます。

function turnOnCamera(frontCamera) {
  const facingModeOption = frontCamera ? FRONT_CAMERA : REAR_CAMERA;
  const constraints = {
    video: {
      width: {
        exact: 250
      },
      height: {
        exact: 250
      },
      facingMode: facingModeOption
    }
  };
  // Access to the camera and turn it own
  navigator.mediaDevices.getUserMedia(constraints)
    .then(handleSuccess)
    .catch(handleError);

  function handleSuccess(stream) {
    videoContainer.srcObject = stream;
  }

  function handleError(error) {
    alert('Could not get user media API' + JSON.stringify(error));
  }
}

カメラをオンにするには、トラックに関連付けられているすべてのソースを停止する必要があります。

function turnOfCamera() {
  if (videoContainer && videoContainer.srcObject) {
    videoContainer.srcObject.getTracks().forEach(function(track) {
      track.stop();
    });
    videoContainer.srcObject = null;
  }
}

次の機能は、カメラを前面と背面に切り替えます。

function rotateCamera(e) {
  isFrontCamera = !isFrontCamera;
  turnOfCamera();
  turnOnCamera(isFrontCamera);
}

写真を撮る

ビデオ ストリーム/トラックから写真を撮るには、まず canvas 幅と高さを videoContainerと合わせます。
次に、すべてのトラックを停止し、最後のトラックを画像形式に変換します。

function takePicture(e) {
  const canvas = document.createElement('canvas');
  // Saving current image
  canvas.width = videoContainer.videoWidth;
  canvas.height = videoContainer.videoHeight;
  canvas.getContext('2d').drawImage(videoContainer, 0, 0);
  // If the video source Object is set, stop all tracks
  if (videoContainer.srcObject) {
    videoContainer.srcObject.getTracks().forEach(function(track) {
      track.stop();
      try {
        // Other browsers will fall back to image/png
        todoItemImage.src = canvas.toDataURL('image/webp');
      } catch (error) {
        alert('Could not get the picture.' + JSON.stringify(error));
      }
    });
  }
}

See Also: