Cordova AppVersion プラグイン

この Cordova プラグインは、対象のビルド設定からアプリ情報を取得します。

サードパーティー製 Cordova プラグインを確認する場合は、カスタムビルドデバッガー ( Android 版 または iOS 版 ) を作成する必要があります。

デモ

Monaca クラウド IDE でプラグインを有効にする

  1. IDE メニューから 設定 → Cordova プラグインの管理 へ移動します。

  2. Cordova プラグインのインポート ボタンをクリックします。 次に、[ZIP ファイル] または [パッケージ名 / URL] を使用してプラグインをインポートします。

API リファレンス

このページでは、デモ で使用されている主な API についてのみ説明します。API リファレンスについては、こちら を参照してください。

getAppName()

アプリの名前を取得します。

cordova.getAppVersion.getAppName()

戻り値

  • Promise

cordova.getAppVersion.getAppName(function (appName) {
    alert( appName );
});

getPackageName()

アプリのパッケージ名を取得します。

cordova.getAppVersion.getPackageName()

戻り値

  • Promise

cordova.getAppVersion.getPackageName(function (packName) {
    alert( packageName );
});

getVersionCode()

アプリのバージョンコードを取得します。

cordova.getAppVersion.getVersionCode()

戻り値

  • Promise

cordova.getAppVersion.getVersionCode(function (verCode) {
    alert( versionCode );
});

alertVersionNum()

アプリのバージョン番号を取得します。

cordova.getAppVersion.alertVersionNum()

戻り値

  • Promise

cordova.getAppVersion.getVersionNumber(function (versionNum) {
    alert( versionNum );
});