Cordovaバージョン

バイブレーションの制御 プラグイン

Tested Version: 2.1.5

このプラグインの詳細は、 こちらの原文 ( GitHub ) をご確認ください。

このプラグインは、W3C の勧告 ( Vibration API、http://www.w3.org/TR/vibration/ ) に準拠しています。

このプラグインを使用して、端末を振動させることができます。

このプラグインでは、navigator.vibrate を含む、グローバルオブジェクトを複数使用しています。

グローバルスコープに属していますが、使用できるのは、deviceready イベントの発火後になります。

document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
function onDeviceReady() {
    console.log(navigator.vibrate);
}

プラグイン ID

cordova-plugin-vibration

プラグインの追加方法 ( Monaca 上での処理 )

このプラグインを使用する場合には、Monaca クラウド IDE の [ Cordova プラグインの管理 ] 上で、Vibration プラグインを 有効 にします。

サポート対象のプラットフォーム

  • Android
  • iOS
  • Windows (Windows Phone 8.1 devices only)
navigator.notification.vibrateWithPatternnavigator.notification.cancelVibration は、iOSでは動作しません。

API の解説

vibrate

この関数は、引き渡すパラメーターに応じて、動作 ( pattern/パターン ) が異なります。on、on/off、off の 3 つのパターンがあります。

基本的な振動処理

指定した時間の長さで、端末を振動させます。

    navigator.vibrate(time)

または、

    navigator.vibrate([time])
  • time: 振動する時間 ( ミリ秒単位 ) です。 ( 数値 )

    // Vibrate for 3 seconds
    navigator.vibrate(3000);

    // Vibrate for 3 seconds
    navigator.vibrate([3000]);

iOS 特有の動作

  • time: 指定された時間を無視して、代わりに、システム側の設定を使用して振動させます。

    navigator.vibrate(3000); // 3000 is ignored
    

Windows 特有の動作

  • time: 最長時間は 5000 ms ( 5 秒 )、最短時間は 1 ms です。

    navigator.vibrate(8000); // will be truncated to 5000
    

pattern ( パターン ) を使用した振動処理 ( Android と Windows のみ )

指定された pattern に応じて、端末を振動させます。

    navigator.vibrate(pattern);
  • pattern: 振動をオフ・オンにする時間 ( ミリ秒単位 ) の組み合わせです。 ( 数値の配列 )

    // Vibrate for 1 second
    // Wait for 1 second
    // Vibrate for 3 seconds
    // Wait for 1 second
    // Vibrate for 5 seconds
    navigator.vibrate([1000, 1000, 3000, 1000, 5000]);

振動の停止処理 ( iOS ではサポートされていません )

振動を即時に停止します。

    navigator.vibrate(0)

または、

    navigator.vibrate([])

または、

    navigator.vibrate([0])

0、空の配列、または、0 を 1 つ入れた配列を使用すれば、振動を停止できます。

notification.vibrate ( 廃止予定 )

指定した時間の長さで、端末を振動させます。

    navigator.notification.vibrate(time)
  • time: 振動する時間 ( ミリ秒単位 ) です。 ( 数値 )

    // Vibrate for 2.5 seconds
    navigator.notification.vibrate(2500);

iOS 特有の動作

  • time: 指定された時間を無視して、代わりに、システム側の設定を使用して振動させます。
    navigator.notification.vibrate();
    navigator.notification.vibrate(2500);   // 2500 is ignored

notification.vibrateWithPattern ( 廃止予定 )

指定された pattern に応じて、端末を振動させます。

    navigator.notification.vibrateWithPattern(pattern, repeat)
  • pattern: 振動をオフ・オンにする時間 ( ミリ秒単位 ) の組み合わせです。 ( 数値の配列 )
  • repeat: pattern で使用した配列と併用し、「 繰り返し処理 」 を行うための任意の数値です ( 停止処理が行われるまで、処理を繰り返します )。繰り返し処理をさせない場合には、-1 を指定します ( デフォルト )。 ( 数値 )

// Immediately start vibrating
// vibrate for 100ms,
// wait for 100ms,
// vibrate for 200ms,
// wait for 100ms,
// vibrate for 400ms,
// wait for 100ms,
// vibrate for 800ms,
// (do not repeat)
navigator.notification.vibrateWithPattern([0, 100, 100, 200, 100, 400, 100, 800]);

notification.cancelVibration ( 廃止予定 )

振動を即時に停止します。

    navigator.notification.cancelVibration()
* 注意 - 星印の付いたメソッドは、廃止予定です ( w3c の勧告に準拠するため )。

関連項目: