Cordovaバージョン

メディア操作 プラグイン

テスト環境 ( バージョン番号 ) : 4.0.0

このプラグインの詳細は、 こちらの原文 ( GitHub ) をご確認ください。

このプラグインを使用して、オーディオファイルの再生と録音を行います。

現在の実装方式は、W3C の仕様 ( メディアキャプチャーに関して ) に準拠しておらず、利便上提供しているものです。リリース予定の次期の実装方式では、最新の W3C の仕様に準拠する予定です。また、その場合には、現在の API を廃止することもあります。

このプラグインは、グローバルな Media コンストラクタを定義します。グローバルスコープでは、deviceready イベントの発火後まで使用できません。

document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
function onDeviceReady() {
    console.log(Media);
}

プラグイン ID

cordova-plugin-media

プラグインの追加方法 ( Monaca 上での処理 )

このプラグインを使用する場合には、Monaca クラウド IDE の [ Cordova プラグインの管理 ] 上で、Media プラグインを 有効 にします。

サポート対象のプラットフォーム

  • Android
  • iOS
  • Windows

メディアオブジェクト

var media = new Media(src, mediaSuccess, [mediaError], [mediaStatus]);

パラメーター

  • src: オーディオコンテンツを指し示す URI (DOMString)
  • mediaSuccess: ( 任意 ) Media オブジェクト側の再生・録音・停止処理が完了した後に、実行されるコールバック (Function)
  • mediaError: ( 任意 ) エラーが発生した場合に、実行されるコールバック (Function)
  • mediaStatus: ( 任意 ) ステータスが変化したことを示すときに使用されるコールバック (Function)
src パラメーターには、cdvfile パスを使用できます。
var my_media = new Media('cdvfile://localhost/temporary/recording.mp3', ...);

Additional ReadOnly パラメーター

  • position: オーディオの再生位置 ( 秒単位 )
    • 再生中、自動的には値を更新しないので、getCurrentPosition メソッドを呼び、値を更新します。
  • duration: メディアの再生時間 ( 秒単位 )

定数

mediaStatus コールバックだけで使用されるパラメーターとして、次の定数があります。

  • Media.MEDIA_NONE = 0
  • Media.MEDIA_STARTING = 1
  • Media.MEDIA_RUNNING = 2
  • Media.MEDIA_PAUSED = 3
  • Media.MEDIA_STOPPED = 4

メソッド

  • media.getCurrentAmplitude: オーディオファイル内の現在の振幅を返します。
  • media.getCurrentPosition: オーディオファイル内の現在の再生位置を返します。
  • media.getDuration: オーディオファイルの再生時間を返します。
  • media.play: オーディオファイルの再生を、開始または再開します。
  • media.pause: オーディオファイルの再生を一時停止します。
  • media.pauseRecord: オーディオファイルの録音を一時停止します。
  • media.release: オーディオリソースを解放 ( release ) します。
  • media.resumeRecord :オーディオファイルのレコーディングを再開します。
  • media.seekTo: オーディオファイル内の再生位置を動かします。
  • media.setVolume: オーディオ再生時の音量を設定します。
  • media.startRecord: オーディオファイルの録音を開始します。
  • media.stopRecord: オーディオファイルの録音を停止します。
  • media.stop: オーディオファイルの再生を停止します。

media.getCurrentAmplitude

録音している音の振幅 ( amplitude ) を返します。

media.getCurrentAmplitude(mediaSuccess, [mediaError]);
サポート対象のプラットフォーム
  • Android
  • iOS
パラメーター
  • mediaSuccess: 取得した振幅 ( 0.0 - 1.0 ) を渡して実行するコールバック
  • mediaError: ( 任意 ) エラーの発生時に実行されるコールバック
// Audio player
//
var my_media = new Media(src, onSuccess, onError);

// Record audio
my_media.startRecord();

mediaTimer = setInterval(function () {
    // get media amplitude
    my_media.getCurrentAmplitude(
        // success callback
        function (amp) {
            console.log(amp + "%");
        },
        // error callback
        function (e) {
            console.log("Error getting amp=" + e);
        }
    );
}, 1000);

media.getCurrentPosition

オーディオファイル内の現在の再生位置を返します。また、Media オブジェクト内の position パラメーターを更新します。

media.getCurrentPosition(mediaSuccess, [mediaError]);
パラメーター
  • mediaSuccess: 現在の再生位置 ( 秒単位 ) を渡して実行されるコールバック
  • mediaError: ( 任意 ) エラーの発生時に実行されるコールバック
// Audio player
//
var my_media = new Media(src, onSuccess, onError);

// Update media position every second
var mediaTimer = setInterval(function () {
    // get media position
    my_media.getCurrentPosition(
        // success callback
        function (position) {
            if (position > -1) {
                console.log((position) + " sec");
            }
        },
        // error callback
        function (e) {
            console.log("Error getting pos=" + e);
        }
    );
}, 1000);

media.getDuration

オーディオファイルの再生時間を、秒単位で返します。再生時間が不明の場合には、「 -1 」 の値を返します。

media.getDuration();
// Audio player
//
var my_media = new Media(src, onSuccess, onError);

// Get duration
var counter = 0;
var timerDur = setInterval(function() {
    counter = counter + 100;
    if (counter > 2000) {
        clearInterval(timerDur);
    }
    var dur = my_media.getDuration();
    if (dur > 0) {
        clearInterval(timerDur);
        document.getElementById('audio_duration').innerHTML = (dur) + " sec";
    }
}, 100);

media.play

オーディオファイルの再生を、開始または再開します。

media.play();
// Play audio
//
function playAudio(url) {
    // Play the audio file at url
    var my_media = new Media(url,
        // success callback
        function () {
            console.log("playAudio():Audio Success");
        },
        // error callback
        function (err) {
            console.log("playAudio():Audio Error: " + err);
        }
    );
    // Play audio
    my_media.play();
}
iOS 特有の動作
  • numberOfLoops: このオプションを play メソッドに渡して、メディアファイルの再生回数を指定します。次に例を示します。

    var myMedia = new Media("http://audio.ibeat.org/content/p1rj1s/p1rj1s_-_rockGuitar.mp3")
    myMedia.play({ numberOfLoops: 2 });
    
  • playAudioWhenScreenIsLocked: このオプションを play メソッドに渡して、画面にロックがかかった状態でも、再生を続行するか指定します。 true ( デフォルトはこちら ) に設定した場合、ハードウェア側のミュートボタンの設定を無視します。次に例を示します。

    var myMedia = new Media("http://audio.ibeat.org/content/p1rj1s/p1rj1s_-_rockGuitar.mp3");
    myMedia.play({ playAudioWhenScreenIsLocked : true });
    myMedia.setVolume('1.0');
    
    To allow playback with the screen locked or background audio you have to add audio to UIBackgroundModes in the info.plist file. See Apple documentation . Also note that the audio has to be started before going to background.
  • ファイルの検索順序: ファイル名のみまたは不完全なパス ( simple path ) を指定している場合、iOS では、最初に、www ディレクトリー内を検索して、見つからなければ、次に、アプリの documents/tmp ディレクトリーを検索します。

    var myMedia = new Media("audio/beer.mp3")
    myMedia.play()  // first looks for file in www/audio/beer.mp3 then in <application>/documents/tmp/audio/beer.mp3
    

media.pause

オーディオファイルの再生を一時停止します。

media.pause();
// Play audio
//
function playAudio(url) {
    // Play the audio file at url
    var my_media = new Media(url,
        // success callback
        function () { console.log("playAudio():Audio Success"); },
        // error callback
        function (err) { console.log("playAudio():Audio Error: " + err); }
    );

    // Play audio
    my_media.play();

    // Pause after 10 seconds
    setTimeout(function () {
        my_media.pause();
    }, 10000);
}

media.pauseRecord

オーディオファイルの録音を一時停止します。

media.pauseRecord();
サポート対象のプラットフォーム
  • iOS
// Record audio
//
function recordAudio() {
    var src = "myrecording.mp3";
    var mediaRec = new Media(src,
        // success callback
        function() {
            console.log("recordAudio():Audio Success");
        },

        // error callback
        function(err) {
            console.log("recordAudio():Audio Error: "+ err.code);
        });

    // Record audio
    mediaRec.startRecord();

    // Pause Recording after 5 seconds
    setTimeout(function() {
        mediaRec.pauseRecord();
    }, 5000);
}

media.release

オペレーティングシステム側のオーディオリソースを解放 ( release ) します。特に、Android では、メディア再生に割り当てることができる OpenCore インスタンスの数に限りがあるため、解放処理は重要となります。Media リソースが不要になった場合には、release メソッドを都度呼び出すことを推奨します。

media.release();
// Audio player
//
var my_media = new Media(src, onSuccess, onError);

my_media.play();
my_media.stop();
my_media.release();

media.resumeRecord

オーディオファイルの録音を再開します。

media.resumeRecord();
サポート対象のプラットフォーム
  • iOS
// Record audio
//
function recordAudio() {
    var src = "myrecording.mp3";
    var mediaRec = new Media(src,
        // success callback
        function() {
            console.log("recordAudio():Audio Success");
        },

        // error callback
        function(err) {
            console.log("recordAudio():Audio Error: "+ err.code);
        });

    // Record audio
    mediaRec.startRecord();

    // Pause Recording after 5 seconds
    setTimeout(function() {
        mediaRec.pauseRecord();
    }, 5000);

    // Resume Recording after 10 seconds
    setTimeout(function() {
        mediaRec.resumeRecord();
    }, 10000);
}

media.seekTo

オーディオファイルの再生位置を指定します。

media.seekTo(milliseconds);
パラメーター
  • milliseconds: オーディオの再生位置を、ミリ秒単位で指定します。
// Audio player
//
var my_media = new Media(src, onSuccess, onError);
    my_media.play();
// SeekTo to 10 seconds after 5 seconds
setTimeout(function() {
    my_media.seekTo(10000);
}, 5000);

media.setVolume

オーディオファイルの音量を指定します。

media.setVolume(volume);
パラメーター
  • volume: 再生時の音量を指定します。0.0 から 1.0 の間で、値を指定します。
サポート対象のプラットフォーム
  • Android
  • iOS
// Play audio
//
function playAudio(url) {
    // Play the audio file at url
    var my_media = new Media(url,
        // success callback
        function() {
            console.log("playAudio():Audio Success");
        },
        // error callback
        function(err) {
            console.log("playAudio():Audio Error: "+err);
    });

    // Play audio
    my_media.play();

    // Mute volume after 2 seconds
    setTimeout(function() {
        my_media.setVolume('0.0');
    }, 2000);

    // Set volume to 1.0 after 5 seconds
    setTimeout(function() {
        my_media.setVolume('1.0');
    }, 5000);
}

media.startRecord

オーディオファイルの録音を開始します。

media.startRecord();
サポート対象のプラットフォーム
  • Android
  • iOS
  • Windows
// Record audio
//
function recordAudio() {
    var src = "myrecording.mp3";
    var mediaRec = new Media(src,
        // success callback
        function() {
            console.log("recordAudio():Audio Success");
        },

        // error callback
        function(err) {
            console.log("recordAudio():Audio Error: "+ err.code);
        });

    // Record audio
    mediaRec.startRecord();
}
Android 特有の動作
  • Androidデバイスは、オーディオをAAC ADTSファイル形式で記録します。指定されたファイルは.aac拡張子で終わる必要があります。

  • Media オブジェクトが存続する間は、ハードウェア側の音量設定は、オブジェクト 側の音量設定と紐付けされています。直近で作成した Media オブジェクトに対して、release() が呼ばれた場合、音量設定は、システム側のデフォルトの設定に戻ります。また、ページ遷移を行った場合も、設定はリセットされます ( 遷移時に、すべての Media オブジェクトが解放されるため )。

iOS 特有の動作
  • iOSは.wavおよび.m4aタイプのファイルにのみ記録し、ファイル名の拡張子が正しくない場合はエラーを返します。

  • フルパス ( full path ) を指定しない場合、アプリの documents/tmp ディレクトリーに、録音ファイルが置かれます。このファイルへのアクセスには、ファイル操作 API ( File API ) を使用します ( LocalFileSystem.TEMPORARY を使用 )。録音時にサブディレクトリーを使用する場合には、事前に作成しておく必要があります。

  • 「 documents:// 」 形式の URI を使用して、ファイルを録音・再生できます。

    var myMedia = new Media("documents://beer.mp3")
    
  • iOS 10以降、プライバシーに関連するデータにアクセスする場合は、 info.plist に使用の説明を設定することが必須になります。アクセスを許可するようにシステムに指示すると、この使用の説明はアクセス許可ダイアログボックスの一部として表示されますが、使用の説明を入力しない場合は、ダイアログが表示される前にアプリが強制終了します。また、Apple は個人データにアクセスするアプリをリジェクトしますが、使用の説明は提供していません。

このプラグインでは、次の使用の説明が必要になります。

NSMicrophoneUsageDescription は、アプリがユーザーのマイクにアクセスする理由を記述します。

これらの設定を info.plist に追加するには、config.xml ファイルの <edit-config> タグに以下のように設定します。

<edit-config target="NSMicrophoneUsageDescription" file="*-Info.plist" mode="merge">
    <string>need microphone access to record sounds</string>
</edit-config>
Windows 特有の動作
  • Windows 端末では、MP3・M4A・WMA 形式の録音ファイルを使用できます。ただし、*Windows Phone 8.1* 端末では、MP3 が使用されることは、ほとんどありません。これは、Windows Phone の出荷時には、MP3 のエンコーダーが実装されていないためです。詳細は、こちら をご確認ください。
  • フルパス ( full path ) を指定しない場合、 AppData/temp ディレクトリーに、録音ファイルが置かれます。このファイルへのアクセスには、ファイル API ( LocalFileSystem.TEMPORARY を使用 )、または、ms-appdata:///temp/<filename> の URI を使用します。
  • 録音時にサブディレクトリーを使用する場合には、事前に作成しておく必要があります。

media.stop

オーディオファイルの再生を停止します。

media.stop();
// Play audio
//
function playAudio(url) {
    // Play the audio file at url
    var my_media = new Media(url,
        // success callback
        function() {
            console.log("playAudio():Audio Success");
        },
        // error callback
        function(err) {
            console.log("playAudio():Audio Error: "+err);
        }
    );

    // Play audio
    my_media.play();

    // Pause after 10 seconds
    setTimeout(function() {
        my_media.stop();
    }, 10000);
}

media.stopRecord

オーディオファイルの録音を停止します。

media.stopRecord();
サポート対象のプラットフォーム
  • Android
  • iOS
  • Windows
// Record audio
//
function recordAudio() {
    var src = "myrecording.mp3";
    var mediaRec = new Media(src,
        // success callback
        function() {
            console.log("recordAudio():Audio Success");
        },

        // error callback
        function(err) {
            console.log("recordAudio():Audio Error: "+ err.code);
        }
    );

    // Record audio
    mediaRec.startRecord();

    // Stop recording after 10 seconds
    setTimeout(function() {
        mediaRec.stopRecord();
    }, 10000);
}

MediaError Object

エラーが発生した場合、mediaError コールバック関数へ MediaError オブジェクトが渡されます。

プロパティー

  • code: 次のエラーコードのいずれか
  • message: 詳細を示したエラーメッセージ

定数

  • MediaError.MEDIA_ERR_ABORTED = 1
  • MediaError.MEDIA_ERR_NETWORK = 2
  • MediaError.MEDIA_ERR_DECODE = 3
  • MediaError.MEDIA_ERR_NONE_SUPPORTED = 4

関連項目: