Cordovaバージョン

ホワイトリストへの登録 プラグイン ( Android 専用 )

テスト環境 ( バージョン番号 ) : 1.3.1

このプラグインの詳細は、 こちらの原文 ( GitHub ) をご確認ください。

このプラグインを使用して、WebView ( Cordova 4.0 以降 ) 上のページ遷移に対して、ホワイトリスト ポリシー ( アクセスできる URL の指定など ) を適用します。

プラグイン ID

cordova-plugin-whitelist

サポート対象のプラットフォーム

  • Android 4.0 以上

プラグインの追加方法 ( Monaca 上での処理 )

Whitelist プラグインは、Cordova 5.2 から、Monaca アプリに自動で組み込まれます。削除はできません。

ページ遷移時に適用される設定

WebView 上で使用できる URL を制御します。適用範囲は、最上位のページ遷移 ( top-level navigation ) のみです。

Android では、http(s) スキーマを使用していない iframe にも適用されます。

デフォルトでは、file:// 形式の URL のみ使用できます。他の URL を使用する場合、たとえば、次のように <allow-navigation> を指定して、config.xml に追加します。

    <!-- Allow links to example.com -->
    <allow-navigation href="http://example.com/*" />

    <!-- Wildcards are allowed for the protocol, as a prefix
         to the host, or as a suffix to the path -->
    <allow-navigation href="*://*.example.com/*" />

    <!-- A wildcard can be used to whitelist the entire network,
         over HTTP and HTTPS.
         *NOT RECOMMENDED* -->
    <allow-navigation href="*" />

    <!-- The above is equivalent to these three declarations -->
    <allow-navigation href="http://*/*" />
    <allow-navigation href="https://*/*" />
    <allow-navigation href="data:*" />

外部アプリの呼び出し時に適用される設定

アプリ側からシステム側に対して、外部への URL を開くようにリスクエストすることができます。デフォルトでは、外部への URL は一切開くことができません。.

Android における、「 BROWSABLE 」 設定に相当します。

この設定は、プラグインではなく、window.open() の呼び出し時とハイパーリンクだけに適用されます。

次のように、 config.xml ファイルに <allow-intent> タグを追加します。

    <!-- Allow links to web pages to open in a browser -->
    <allow-intent href="http://*/*" />
    <allow-intent href="https://*/*" />

    <!-- Allow links to example.com to open in a browser -->
    <allow-intent href="http://example.com/*" />

    <!-- Wildcards are allowed for the protocol, as a prefix
         to the host, or as a suffix to the path -->
    <allow-intent href="*://*.example.com/*" />

    <!-- Allow SMS links to open messaging app -->
    <allow-intent href="sms:*" />

    <!-- Allow tel: links to open the dialer -->
    <allow-intent href="tel:*" />

    <!-- Allow geo: links to open maps -->
    <allow-intent href="geo:*" />

    <!-- Allow all unrecognized URLs to open installed apps
         *NOT RECOMMENDED* -->
    <allow-intent href="*" />

コンテンツのリクエスト時に適用される設定 ( ネットワーク

リクエスト用のホワイトリストの設定 )

ネットワーク リクエスト ( 画像、XHR など ) に関して、どのリクエストを許可するか制御できます。

セキュリティー強化の点から、 コンテンツ セキュリティー ポリシー も使用することを推奨しています。こちらのホワイトリスト設定は、CSP をサポートしていない WebView 向けです。

次のように、 config.xml ファイルに <access> タグを追加します。

    <!-- Allow images, xhrs, etc. to google.com -->
    <access origin="http://google.com" />
    <access origin="https://google.com" />

    <!-- Access to the subdomain maps.google.com -->
    <access origin="http://maps.google.com" />

    <!-- Access to all the subdomains on google.com -->
    <access origin="http://*.google.com" />

    <!-- Enable requests to content: URLs -->
    <access origin="content:///*" />

    <!-- Don't block any requests -->
    <access origin="*" />

<access> タグを設定しない場合、 file:// 形式のURLへのリクエストのみ許可されます。デフォルトでは、 <access origin="*"> と設定されています。

注:ホワイトリストは、ホワイトリストに登録されたリモートウェブサイト(httpまたはhttps)からホワイトリストに登録されていないウェブサイトへのネットワークリダイレクトをブロックできません。 CSPルールを使用して、CSPをサポートするWebビューのホワイトリストに登録されていないWebサイトへのリダイレクトを緩和します。

Android では、TalkBack を正常に動作させるため、https://ssl.gstatic.com/accessibility/javascript/android/ へのリクエストがデフォルトで有効になっています。

コンテンツ セキュリティー ポリシー

ネットワーク リクエスト ( 画像、XHR など ) に関して、どのリクエストを許可するか制御できます。

ネットワーク リクエスト用のホワイトリスト ( 上記を参照 ) では、リクエストの種類に応じたフィルターを行っていません ( たとえば、<video> と WebSocket はブロックされません ) 。よって、上記のホワイトリストに加えて、Content Security Policy<meta> タグを、すべてのページに設定することを推奨します。

なお、System WebView における CSP のサポートは、KitKat から始りました ( Crosswalk WebView では、すべてのバージョンで利用できます )。

CSP 宣言の例を、次に記します ( .html ページに記述 )。

    <!-- Good default declaration:
        * gap: is required only on iOS (when using UIWebView) and is needed for JS->native communication
        * https://ssl.gstatic.com is required only on Android and is needed for TalkBack to function properly
        * Disables use of eval() and inline scripts in order to mitigate risk of XSS vulnerabilities. To change this:
            * Enable inline JS: add 'unsafe-inline' to default-src
            * Enable eval(): add 'unsafe-eval' to default-src
    -->
    <meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="default-src 'self' data: gap: https://ssl.gstatic.com; style-src 'self' 'unsafe-inline'; media-src *">

    <!-- Allow everything but only from the same origin and foo.com -->
    <meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="default-src 'self' foo.com">

    <!-- This policy allows everything (eg CSS, AJAX, object, frame, media, etc) except that
        * CSS only from the same origin and inline styles,
        * scripts only from the same origin and inline styles, and eval()
    -->
    <meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="default-src *; style-src 'self' 'unsafe-inline'; script-src 'self' 'unsafe-inline' 'unsafe-eval'">

    <!-- Allows XHRs only over HTTPS on the same domain. -->
    <meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="default-src 'self' https:">

    <!-- Allow iframe to https://cordova.apache.org/ -->
    <meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="default-src 'self'; frame-src 'self' https://cordova.apache.org">