iOS の設定

iOS アプリの設定には、2 通りの方法があります。

  1. Monaca クラウド IDE 経由で設定する方法
  2. 設定ファイルを編集する方法

Monaca クラウド IDE 経由で設定する方法

iOS アプリの設定画面

iOS アプリの設定画面では、iOS アプリに適用するパラメーターを設定できます。次の手順に従い、Monaca クラウド IDE の iOS アプリの設定画面を表示します。

  1. Monaca クラウド IDE のメニューから、 設定 → iOS アプリ設定 を選択します。

  2. iOS アプリ設定 画面が、次のように表示されます。こちらの画面で設定を行います。

  3. 設定後、 保存する ボタンをクリックします。

設定できるパラメーター

iOS アプリの設定画面で行えることは、アプリ情報の設定、アイコン、スプラッシュファイルの設定、パーミッション ( 権限 ) の設定など、多岐にわたります。画面上で設定できるパラメーターの一覧を、次に記します。

  • 許可する外部 URL : アプリから接続できる URL を指定します。デフォルトでは * に設定され、全てのドメインへの接続を許可しています。

  • オーバースクロールを無効 : WebView 上でバウンスを無効にしたい場合には、有効にします。デフォルトは有効です。

  • ビューポート制御を有効 : デフォルトは有効です。無効にした場合、アプリ内に設定された、viewport の meta タグを無視します。

  • スプラッシュ画像をフェードアウト : デフォルトでは、有効化されています。

  • スプラッシュにスピナーを表示 : アプリの起動時に、スプラッシュ画面 ( スピナー ) を表示します。

設定ファイルの編集

iOS アプリのパラメーターは、次のファイル内に記述されています。

iOS アプリの挙動に関する設定が、上記のファイル内に記述されています。誤って設定した場合、アプリが動作しなくなる恐れがあります。編集する場合には、細心の注意が必要です。