Android のプッシュ通知設定

Monaca では、FCM ( Firebase Cloud Messaging ) 経由でプッシュ通知を行っています。FCM とは、Google 社が提供する Firebase ( MBaas の一種 )を基盤とした、クロスプラットフォーム向けのメッセージングサービスです。

 このサービスを利用すると、費用をかけずに、通知タイプ ( プッシュ通知、案内メールなど ) およびデータ転送タイプ ( ペイロードサイズの上限は 4 KB ) のメッセージを、クライアント側アプリに対して配信できます ( 通知とデータを併せて使用することもできます )。

ここでは、Android アプリ向けにプッシュ通知を行うための手順を解説します。

事前準備として Google アカウントが必要となります。

1. サーバーキーの取得 ( Firebase Console 上 )

Firebase Console ページ上で サーバーキーを確認します。

  1. Firebase Console へ行き、Google アカウントを使用してサインインします。
  2. + プロジェクトを追加 をクリックします。

  3. [ プロジェクト名 ] と [ 国/地域 ] を入力して、プロジェクトを作成 をクリックします。

  4. プロジェクトの作成後、表示されたダッシュボード上の左メニューから、[ Settings/歯車 ] のアイコンをクリックし、プロジェクトの設定 を選択します。

  5. 設定画面上で、クラウドメッセージング タブを選択し、サーバーキーを確認します。 サーバーキー は、この後 Monaca 側の Server Key に使用します。

2. 構成ファイルの取得 ( Firebase Console 上 )

  1. 対象のプロジェクトを開きます。

  2. Android アプリに Firebase を追加 をクリックします。

  3. アプリの登録 項目の Android パッケージ名 に、Monacaプロジェクトの パッケージ名 を入力して アプリを登録 をクリックします。

  4. 設定ファイルのダウンロード 項目の google-service.json をダウンロード をクリックして、google-service.json をダウンロードし、次へ をクリックします。

  5. Firebase SDK の追加項目では、次へ をクリックします。

  6. アプリを実行してインストールを確認 項目では、このステップをスキップ をクリックします。

  7. google-service.json ファイルは、コンソール画面の 歯車アイコン をクリックし、 プロジェクトの設定 → 全般 からもダウンロードすることができます。

3. FCM 関連のパラメーター設定 ( Monaca 上 )

  1. Monaca Backend ウィンドウから、プッシュ通知 を選択します。
  2. 右上隅にある 歯車 アイコンをクリックし、プッシュ通知設定 を選択します。

  3. プッシュ通知設定の [ Android ] エリアの FCMを設定する場合の 設置 ボタンをクリックします。

  4. FCM の設定フォーム上の google-services.json には、先程取得した構成ファイルを、 Server Key には サーバーキー を入力して、保存する ボタンをクリックします。

    ここまでの手順で、Android 向けプッシュ通知の準備が整いました。