iOS のプッシュ通知設定

APNs ( Apple Push Notification Service ) とは、Apple 社が提供する、iOS アプリ向けのプッシュ通知のためのメカニズムです。ここでは、iOS アプリ向けにプッシュ通知を行うための手順を解説します。

iOS アプリのビルドとプッシュ通知には、 Apple Developer Program への登録が必要です。

1. CSR ファイルの作成 ( Monaca 上 )

  1. Monaca Backend ウィンドウから、プッシュ通知 を選択します。

  2. 右上隅にある 歯車 アイコンをクリックし、プッシュ通知設定 を選択します。

  3. [ iOS ] 項目上で、用途に応じて、[ 開発用プッシュ証明書 ] または [ 配布用プッシュ証明書 ] 下のいずれかの 秘密鍵の生成と CSR の発行 を選択します。

  4. ユーザー名 ( キー用 ) とメールアドレス ( Apple Dev Center で登録した Apple ID ) を入力して、 生成する をクリックします。

  5. 生成後、CSR ファイルをダウンロードします。

2. プッシュ証明書の作成 ( iOS Dev Center 上 )

iOS Dev Center では、2 種類のプッシュ証明書を発行できます。

  • 開発用の SSL 証明書 : デバッグビルドの場合、こちらを使用します。
  • 配布用の SSL 証明書 : Ad Hoc またはリリースビルドの場合、こちらを使用します。

プッシュ証明書の発行方法は次のとおりです。

  1. Apple Developer のページ へ行き、Member Center をクリックします。

  2. iOS Developer Program に登録した、Apple ID とパスワードを使用して、サインインします。このプログラムに未登録の場合には、こちら で登録します。

  3. Certificates, Identifiers & Profiles へ行きます。次のページが表示されます。

  4. App ID を Explicit App ID として登録し、プッシュ通知サービスを有効化します。App ID の登録 もあせてご確認ください。

    [ Wildcard App ID ] タイプに App ID を 設定している場合、または、プッシュ通知サービスを無効にしている場合には、プッシュ通知は使用できません。
  5. App ID の一覧から対象の Explicit App ID を選択して、 Edit をクリックします。

  6. 作成する証明書の種類に応じて、いずれかの項目下の Create Certificate ボタンをクリックします。次に、 Continue をクリックします。

  7. Monaca クラウド IDE から先ほどダウンロードした CSR ファイルを参照して、 Generate をクリックします。

  8. 発行後、その証明書をダウンロードします。このファイルは、後ほど、Monaca クラウド IDE へアップロードして使用します。

3. プッシュ証明書のアップロード ( Monaca 上 )

  1. Monaca Backend ウィンドウから、プッシュ通知 を選択します。

  2. 右上隅にある 歯車 アイコンをクリックし、プッシュ通知設定 を選択します。

  3. [ iOS ] 項目上で、用途に応じて、[ 開発用プッシュ証明書 ] または [ 配布用プッシュ証明書 ] 下のいずれかの アップロード をクリックします。ここまでの手順で、iOS アプリ向けのプッシュ通知設定が完了しました。