概要

バージョン管理システムとは、変更履歴の記録を含む、ソースコードに対して行われた操作を管理するためのツールです。通常、変更履歴を追うためには、リビジョンコード ( 数と文字の組み合わせ ) などを、変更のたびに割り振っていく必要がありますが、バージョン管理システムを使用すれば、このようなことをしなくても、変更履歴を簡単に追うことができます。加えて、以前のファイルとの比較、以前の状態へのリストア、複数のファイルとのマージなど、ソースコードに関わる全般の操作も行えます。他にも、バージョン管理システムを使用する利点として、システムを介すれば、オープンソースの開発に参加している開発者全員で、または、あるプロジェクトに参加している特定のチームメンバー間で、共同で作業を行うことができます。

バージョン管理は、Monaca Cloud IDE 内でユーザーフレンドリーなインターフェイスで利用できます。 多くのバージョン管理システムがありますが、 現在、Monaca クラウド IDE では GitHub と SSH を使用する Git サービスをサポートしています。 この機能を使用すれば、リモートレポジトリと Monaca プロジェクトを接続後、Monaca クラウド IDE からソースコードの管理ができるようになります。

ここでは、Monaca プロジェクトを GitHub または SSH を使って Git サービスに連携する方法について解説します。 次に、レポジトリを使って Monaca プロジェクトを設定する方法を解説します。

ここでは、Public 指定されたレポジトリを対象として解説を進めます。Private 指定のレポジトリに接続する場合には、対応する Monaca プランに加入する必要があります。詳細は、 料金プラン をご確認ください。

Monaca アカウントと Git サービスを統合する方法は 2 つあります。