iOS アプリ アップロード機能

iOS アプリ アップロード機能を使用するためには、対応するプランへの加入が必要です。詳細は、 こちら をご確認ください。
プロジェクトを他のメンバーと共有している場合には、プロジェクトのオーナーだけが iOS アプリ アップロード機能を使用できます。
アクティベーション コードを使用し、アカウントをアップグレードさせて、アップロード機能を使用する場合には、アップグレード後のプランがこの機能をサポートしている必要があります。なにかご質問がございましたら、こちらの お問い合わせ までご連絡ください。

Monaca 提供のアップロード機能を使用すれば、Monaca クラウド IDE から iTunes Connect に、アプリをアップロードできます。手順は、次のとおりです。

  1. リリースビルド版のアプリを Monaca 上で作成します。詳細は、iOS アプリのビルド をご確認ください。

  2. リリースビルド版アプリの作成後、次のページが表示されます。次に、AppStore ボタン ( 下のスクリーンショットの赤枠部分 ) をクリックします。

  3. アプリのアップロード用のウィンドウが表示されます。次へ をクリックします。

  4. 有効な Apple アカウント情報を入力して、次へ をクリックします。

  5. iTunes Connect 上でアプリの登録を事前に行っておく必要があります。詳細は、こちら をご確認ください。ここでは、登録済みであることを前提として、iTunes Connect にアプリ情報を登録しました。 にチェックを入れます。次に、Upload をクリックします。

  6. アップロードが完了するまで、しばらく待ちます。

    バージョンが異なる同一アプリをアップロードする場合、ファイル内のバージョン情報を、対応するバージョンに変更しておく必要があります。それ以外の場合、アップロードが失敗します。
  7. アップロード完了後、次のページが表示されます。なお、iTunes Connect 上にアプリが表示されるまでには、しばらく時間がかかる場合があります。

    iTunes Connect へのアップロード時、Apple 側でなんらかのエラーを出力する場合があります ( アカウントに登録しているメールアドレス宛にもエラー通知が送信されます )。その場合には、エラー内容を確認して、適切に対処してください。エラーの解消後、再度、アプリをアップロードします。
  8. これで、アプリのアップロードが完了しました。この後に、iTunes Connect 上にて、申請に向けた手続きがありますので、詳細は、アップロード後に行うアプリの設定 をご確認ください。