Android アプリのビルド

ビルドの種類

Monaca では、デバッグビルド版、リリースビルド版の 2 種類の Android アプリをビルドできます。これらの相違点は、次のとおりです。

ビルドの種類 説明 インストール方法
デバッグビルド パッケージに署名がないため、マーケットでの配布は行えません。
リリースビルド コードサイン ( コード署名/Code Sign ) を使用して、署名したパッケージです。マーケットで配布できます。
  • サイドローディング ( Sideloading )
  • Google Play ストア経由または他のマーケット経由
サイドローディング ( Sideloading ) とは、一般的にはファイルのアップロード・ダウンロードを指しますが、ここでは、アプリのパッケージ ( APK 形式 ) を、マーケットを経由せずに、端末にインストールすることを指します。ビルド後、APK ファイルを直にダウロードして、インストールします。

ステップ 1 : Android アプリの設定

  1. Monaca クラウド IDE のメニューから、 設定 → Android アプリ設定 を選択します。
  2. アプリに関する情報を入力します。

    • 一般的な設定

      アプリケーション名 アプリの名前を入力します。マーケット上などで表示されます。
      パッケージ名 Android のマーケットへのアップロード時に使用される、一意の名前を入力します。逆ドメイン形式を推奨します ( io.monaca.app_name など )。英数字のみ使用でき、各節はピリオドで区切ります ( 1 つ以上のピリオドを使用 )。ピリオドで区切られた各節の先頭文字には、英字を使用します。また、アンダースコア ( _ ) も使用可能です。
      ビルド種別ごとにパッケージ名を分ける 有効にした場合、リリースビルド版アプリのパッケージ名とデバッグビルト版アプリのパッケージ名は、異なる名になります。デバッグビルド版アプリのパッケージ名の拡張子は .debug となり、プロジェクトのデバッガーのパッケージ名の拡張子は .debugger となります。ただし、デフォルトでは、このオプションは無効になっています。Monaca 側で常時有効にしてしまうと、決まったパッケージ名に紐付けされているプラグインが存在する場合 ( In-App Purchase など )、デバッグができなくなるためです。
      バージョン アプリのバージョン番号を入力します。バージョン番号には、ドット区切りの数値を使用します ( 例 : 1.0.0 )。
      バージョンコード 内部処理で使用する、アプリのバージョン番号です ( バージョンが複数ある同一アプリの処理用 )。整数を使用します。このコードを使用して、アプリの更新の有無を決定します。
      フルスクリーン このオプションは、Cordova 3.5 以降を使用している場合のみ、使用できます。有効にした場合、フルスクリーン ( 全画面表示 ) でアプリを実行します。ステータスバーは非表示になります。
    • その他 : ここでは、Android アプリに関する詳細を設定します。

      許可する外部 URL * アプリからアクセスできる URL ( 単数または複数 ) を指定します。「 * 」 に設定した場合、すべてのドメインへのアクセスを許可します。
      バックグラウンド時もアプリを常に実行 有効 バックグラウンド時にも Cordova を実行したい場合、有効化します。
      オーバースクロールを無効 有効 WebView の端を越えたときの挙動 ( オーバースクロールの有無 ) を設定します。
      WebView エンジン Stock WebView Cordova 5.2 以上の場合、Stocke WebView がデフォルトの設定となります。大規模なアプリなど、より良いパフォーマンスを期待する場合には、ハイパフォーマンス版 ( CrossWalk ) を使用します。この場合には、[ Cordova プラグインの管理 ] 画面から [ Crosswalk WebView Engine ] プラグインを有効化します。
      画面の向き Default Landscape または Portrait を指定できます ( アプリ実行時の画面の向き )。
  3. 設定後、保存する をクリックします。

現在、iOS の [ App ID ] または Android の [ パッケージ名 ] のいずれかを変更すると、両方とも同じ名前に更新されます。それぞれに別の名を設定する場合には、 App ID ( iOS 側 ) と パッケージ名 ( Android 側 ) にそれぞれ異なる値を設定するには? をご確認ください。

ステップ 2 : Android キーストア ( KeyStore ) の設定

キーストアは、バイナリーファイルです。このファイルには、秘密鍵 ( 単数または複数 ) が格納されています。秘密鍵は、組織または個人を表す 「 判子 」 の役割をします。キーストアは、パスワードを使用して、暗号化されます ( パスワードを紛失した場合には、復旧できません )。キーストアを紛失した場合、または、別のキーストアで上書きされてしまった場合、同じ鍵を使用しても、署名済みパッケージを再署名することはできません。[ 翻訳者メモ : キーストアの内容に関しては、いろいろな説明方法があるようで、人によっては、「 キーストアには秘密鍵と証明書の情報がセットで格納されている 」、「 キーストアとは証明書そのものであり、そこには鍵情報が格納されている 」 としています。なお、このキーストアを apk ファイルに添えれば、「 署名 」 完了となります ]

リリースビルド版の Android アプリをビルドするときに、キーストアが必要となります。Monaca では、新規のキーストアを作成するか、または、既存のキーストアをインポートできます。ここでは、新規に作成することを前提に解説します。次の手順に従います。

  1. Monaca クラウド IDE のメニューから、 設定 → Android キーストア設定 を選択します。
  2. 「 キーストアとエイリアスの管理 」 画面が表示されます。

  3. クリアして新規作成 ボタンをクリックすると、キーストアの設定画面が表示されます。

  4. 上のスクリーンショットに表示されている項目に、必要な情報を入力します。

    • エイリアス : アプリの署名時に使用する秘密鍵の名前です。1 つのキーストア内に、複数のエイリアスを格納できます。
    • エイリアスのパスワード : エイリアス ( 秘密鍵 ) 用のパスワードです。
    • キーストアのパスワード : キーストア用のパスワードです。このキーストアをインポートするときに、このパスワードが必要となります。
  5. 次に、キーストアとエイリアスを作成する ボタンをクリックして、キーストアを作成します。

キーストアを紛失した場合、同じ鍵を使用しても、署名済みのパッケージに再署名を行うことはできなくなります。よって、アプリの署名に使用したキーストアの取り扱いには注意しましょう。バックアップを取ることを推奨します。キーストアをダウンロードする場合には、エクスポート ボタンをクリックします。

ステップ 3 : アプリのビルド

  1. Monaca クラウド IDE のメニューから、 ビルド → Android アプリのビルド を選択します。
  2. 目的に応じたビルドの種類を選択して、ビルドを開始する ボタンをクリックします。

  3. 「 リリース向けビルド 」 の 「 リリースビルド 」 を選択した場合、ビルドを開始する前に、署名用エイリアスの選択とパスワードの入力を行います。

  4. ビルドが完了するまで、しばらく待ちます。ビルドが成功した場合には、次のような画面が表示されます。ビルドの完了後、ビルド済みアプリをインストールまたはダウンロードできます。