ドキュメントTOP » サンプル&Tip » 開発 Tips » データベースの利用方法

データベースの利用方法

HTML5 の Web SQL Database を使用して、端末のデータベースに接続します。ここでは、Web SQL Database の使用方法を解説します。

Web SQL Database

接続を行う前に、Database オブジェクトを新規作成します。ここでは、 window.openDatabase を使用して、SQLite データベースを新規作成します。

var db = window.openDatabase(database_name, database_version, database_displayname, database_size);

データベースの作成 ( SQLite )

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>

    <meta name="viewport" content="width=device-width, user-scalable=no">
    <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="components/loader.js"></script>
    <script type="text/javascript" charset="utf-8">

    document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);



    function onDeviceReady() {
        var db = window.openDatabase("database", "1.0", "testdatabase", 1000000);
    }

    </script>
  </head>
  <body>
  <pre>Web SQL Database</pre>
  </body>
</html>

openDatabase 関数の引数

指定する引数

説明

設定値

database_name

データベース名

文字列

database_version

データベースのバージョン

文字列

database_displayname

データベースの表示名

文字列

database_size

データベースのサイズ ( バイト単位 )

整数

Database オブジェクトのメソッド

関数

説明

transaction

データベースのトランザクションの処理

changeVersion

データベースのバージョンの確認とスキーマのアップデート ( 必要な場合 )

SQL 文を実行するメソッドは、SQLTransaction オブジェクトの executesql です。SQLTransaction オブジェクトを取得するには、Database オブジェクトの transaction を実行します。SQLTransaction オブジェクトの executeSql の実行時に、コールバック関数が実行され、 SQLResultSet オブジェクトがコールバック関数に渡されます。

SQLResultSet オブジェクトのプロパティー

関数

説明

insertId

INSERT 文の成功時に、行番号を返します。

rowsAffected

SQL の実行により、影響を受けた行を返します。

rows

ResultSetRowList オブジェクトを返します。SQL 実行時の処理結果です。

SQL 文の実行 ( SQLite )

<!DOCTYPE html>
  <html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, user-scalable=no">
    <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="components/loader.js"></script>
    <script type="text/javascript" charset="utf-8">

    document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);

    function onDeviceReady() {

        window.alert("Create a database and display the content");
        
    }

    
    function executeQuery(tx) {
        tx.executeSql('DROP TABLE IF EXISTS TestTable');
        tx.executeSql('CREATE TABLE IF NOT EXISTS TestTable (id unique, data)');
        tx.executeSql('INSERT INTO TestTable (id, data) VALUES (1, "あいうえお")');
        tx.executeSql('INSERT INTO TestTable (id, data) VALUES (2, "かきくけこ")');
        tx.executeSql('INSERT INTO TestTable (id, data) VALUES (3, "さしすせそ")');
        tx.executeSql('INSERT INTO TestTable (id, data) VALUES (4, "たちつてと")');        
        tx.executeSql('INSERT INTO TestTable (id, data) VALUES (5, "なにぬねの")');
        tx.executeSql('INSERT INTO TestTable (id, data) VALUES (6, "はひふへほ")');
        tx.executeSql('INSERT INTO TestTable (id, data) VALUES (7, "まみむめも")');

    }

    function queryDB(tx) {
        tx.executeSql('SELECT * FROM TestTable', [], querySuccess, errorCB);
    }

    function querySuccess(tx, results) {
        var len = results.rows.length;
        window.alert("There are " + len + " rows of records in the database.");
        for (var i=0; i<len; i++){
            document.writeln("row = " + i + " ID = " + results.rows.item(i).id + " Data = " + results.rows.item(i).data+"<br/>");
        }        
    }

    //Callback function when the transaction is failed.
    function errorCB(err) {
        console.log("Error occured while executing SQL: "+err.code);
    }

    // Callback function when the transaction is success.
    function successCB() {
        var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "TestDatabase", 200000);
        db.transaction(queryDB, errorCB);
    }
   
    function createDB(){
        var db = window.openDatabase("Database", "1.0", "TestDatabase", 200000);
        db.transaction(executeQuery, errorCB, successCB);
 
    }      

    </script>
  </head>
  <body>
  <h1>Execute the SQL</h1>
  <input type="button" value="Execute SQL transactions" onclick="createDB()">
  </body>
  </html>