Criteria

コレクションへの問い合わせ ( クエリー ) には、Criteria オブジェクトを使用します。

メソッド/プロパティー 解説
monaca.cloud.Criteria() Criteria オブジェクトを取得します。
MonaQL Monaca クエリー言語

Criteria オブジェクトを作成

指定した名前の Criteria オブジェクトを取得します。

monaca.cloud.Criteria(query: String[ bindParams: Array]) : criteriaObject

パラメーター

パラメーター 解説
query 文字列 クエリー文字列には、 MonaQL を使用します。
bindParams Array of String バインドする値を指定します。

戻り値

  • Criteria オブジェクト

Criteria と MonaQL の例を、次に示します。MonaQL では、 ? は、プレースホルダーです。また、?bindParams で置き換えられます。

var Criteria0 = monaca.cloud.Criteria('a == 12 && (b == 34 || c == 56)');
var Critetia1 = monaca.cloud.Criteria(
  'a == 12 && !(b == 34 || c == 56)'
); // a == 12 && (b != 34 && c != 56)

var Critetia2 = monaca.cloud.Criteria(
  'name IN ["John", "Smith"]'
); // name == "John" || name == "Smith"
var Critetia3 = monaca.cloud.Criteria(
  'name NIN ["John", "Smith"]'
); // name != "John" && name != "Smith"

var Criteria4 = monaca.cloud.Criteria(
  'name == ? && age > ?',
  ["John", 20]
); // name == "John" && age > 20

var names = ["John", "Smith"];
var Criteria5 = monaca.cloud.Criteria(
  'name IN ?',
  [names]
); // name == "John" || name == "Smith"

Monaca クエリー言語

MonaQLの演算子と値の型を記します。

演算子

演算子 解説
== 等しい
!= 等しくない
> より大きい
>= 以上
< より小さい
<= 以下
IN 配列に含まれる
NIN 配列に含まれない
() 括弧内をまとめる
!() 括弧内をまとめ、真偽を反転させる
&& 論理積 ( AND )
|| 論理和 ( OR )

解説
123, -123 integer
1.23, -1.23 Double
\"string\" 文字列 ( ※文字列を囲む場合には、ダブルクォーテーションを使用します。シングルクォーテーションは使えません )
[1,2,3] 配列
null Null または プロパティーが存在しない
true, false 真偽値
? プレースホルダー