Cordova Version:

ネットワーク情報の取得 プラグイン

テスト環境 ( バージョン番号 ) : 1.3.3

注釈

このプラグインの詳細は、こちらの原文 ( GitHub ) をご確認ください。

このプラグインでは、旧バージョンの Network Information API が使用されています。このプラグインを使用すれば、セルラー ( Cellular ) 情報、WiFi 接続情報などのインターネット接続情報を取得できます。

プラグイン ID

cordova-plugin-network-information

プラグインの追加方法 ( Monaca 上での処理 )

このプラグインを使用する場合には、Monaca クラウド IDE の [ Cordova プラグインの管理 ] 上で、Network Information プラグインを 有効 にします。

リファレンス

Connection

connection オブジェクトを使用して、セルラー、WiFi 接続などのネットワーク情報を取得します ( navigator.connection 経由で情報にアクセスします )。

プロパティー

  • connection.type

定数

  • Connection.UNKNOWN
  • Connection.ETHERNET
  • Connection.WIFI
  • Connection.CELL_2G
  • Connection.CELL_3G
  • Connection.CELL_4G
  • Connection.CELL
  • Connection.NONE

connection.type

このプロパティーを使用して、ネットワーク接続の状態と接続のタイプを確認します。

function checkConnection() {
    var networkState = navigator.connection.type;

    var states = {};
    states[Connection.UNKNOWN]  = 'Unknown connection';
    states[Connection.ETHERNET] = 'Ethernet connection';
    states[Connection.WIFI]     = 'WiFi connection';
    states[Connection.CELL_2G]  = 'Cell 2G connection';
    states[Connection.CELL_3G]  = 'Cell 3G connection';
    states[Connection.CELL_4G]  = 'Cell 4G connection';
    states[Connection.CELL]     = 'Cell generic connection';
    states[Connection.NONE]     = 'No network connection';

    alert('Connection type: ' + states[networkState]);
}

checkConnection();
API の変更点

Cordova 2.3.0 までは、navigator.network.connection 経由で Connection オブジェクトにアクセスしていましたが、W3C の仕様に準拠するため、navigator.connection 経由に変更しました。 navigator.network.connection は利用できますが、将来的には廃止します。

iOS 特有の動作
  • iOS では、セルラー接続のタイプを識別できません。

    • モバイルデータ通信 ( セルラーを使用したデータ通信 ) に関しては、navigator.connection.typeConnection.CELL になります。

Windows 特有の動作
  • Phone 8.1 のエミュレーター上で実行している場合には、常に、navigator.connection.typeConnection.ETHERNET になります。

サンプル:ネットワーク状態に応じてファイルをアップロードする

このセクションのコード例は、オンラインイベントとオフラインイベント、およびネットワーク接続ステータスを使用しているアプリケーションの動作を変更する例を示しています。

まず、サンプルデータ用に新しい FileEntry オブジェクト( data.txt )を作成します。 この関数を deviceready ハンドラから呼び出します。

注釈

このコード例では、File プラグインが必要です。

var dataFileEntry;

function createSomeData() {

    window.requestFileSystem(window.TEMPORARY, 5 * 1024 * 1024, function (fs) {

        console.log('file system open: ' + fs.name);
        // Creates a new file or returns an existing file.
        fs.root.getFile("data.txt", { create: true, exclusive: false }, function (fileEntry) {

          dataFileEntry = fileEntry;

        }, onErrorCreateFile);

    }, onErrorLoadFs);
}

次に、deviceready で online と offline イベントリスナーを追加します。

document.addEventListener("offline", onOffline, false);
document.addEventListener("online", onOnline, false);

アプリの onOnline 関数は、online イベントを処理します。 イベントハンドラで、現在のネットワーク状態を確認します。 このアプリでは、Connection.NONE 以外のすべての接続タイプを good として扱います。 接続している場合は、ファイルをアップロードしようとします。

function onOnline() {
    // Handle the online event
    var networkState = navigator.connection.type;

    if (networkState !== Connection.NONE) {
        if (dataFileEntry) {
            tryToUploadFile();
        }
    }
    display('Connection type: ' + networkState);
}

前のコードで online イベントが発生した場合は、アプリの tryToUploadFile 関数を呼び出します。 FileTransfer オブジェクトのアップロード機能が失敗した場合は、アプリケーションの offlineWrite 関数を呼び出して、現在のデータを保存します。

注釈

この例では、FileTransfer プラグインが必要です。

function tryToUploadFile() {
    // !! Assumes variable fileURL contains a valid URL to a text file on the device,
    var fileURL = getDataFileEntry().toURL();

    var success = function (r) {
        console.log("Response = " + r.response);
        display("Uploaded. Response: " + r.response);
    }

    var fail = function (error) {
        console.log("An error has occurred: Code = " + error.code);
        offlineWrite("Failed to upload: some offline data");
    }

    var options = new FileUploadOptions();
    options.fileKey = "file";
    options.fileName = fileURL.substr(fileURL.lastIndexOf('/') + 1);
    options.mimeType = "text/plain";

    var ft = new FileTransfer();
    // Make sure you add the domain of your server URL to the
    // Content-Security-Policy <meta> element in index.html.
    ft.upload(fileURL, encodeURI(SERVER), success, fail, options);
};

offlineWrite 関数のコードは次のとおりです。

注釈

このコード例では、File プラグインが必要です。

function offlineWrite(offlineData) {
    // Create a FileWriter object for our FileEntry.
    dataFileEntry.createWriter(function (fileWriter) {

        fileWriter.onwriteend = function () {
            console.log("Successful file write...");
            display(offlineData);
        };

        fileWriter.onerror = function (e) {
            console.log("Failed file write: " + e.toString());
        };

        fileWriter.write(offlineData);
    });
}

offline イベントが発生した場合は、ユーザーに通知する(この例では単にログに記録する)操作を行います。

function onOffline() {
    // Handle the offline event
    console.log("lost connection");
}