プッシュ通知

注釈

Cordova6.2プロジェクトでアドホックビルドしたアプリに対しては、リリースを選択する必要があります。

プッシュ通知とは

プッシュ通知とは、ユーザー側からのリクエストの有無に関わらず、アプリ側から端末側へ情報を発信するときに使用される機能です。

  1. Text ( テキスト ) : テキストメッセージです。

  2. Badge ( バッジ ) : アプリのアイコンの右上に表示される数字です。

  3. Sound ( サウンド ) : 新しい通知が到着したときに鳴る音です。

  4. JSON Data: アプリ側で使用する、JSON 形式のデータです。

注釈

サウンドは、Monaca では現在使用できません。

プッシュ通知を受信したときの挙動は、アプリの状態 ( 起動中か否か ) と OS の種類により異なります。Android 端末では、画面上部の通知用のバーに、テキストメッセージが表示されます。iOS 端末では、ポップアップ ダイアログ上に、メッセージが表示されます。

このページでは、MonacaのクラウドIDEからプッシュ通知を送る方法を説明します。

注釈

他のサーバーからMonacaのプッシュ通知を送ることもできます。 詳細は バックエンド マネジメント API を参照して下さい。

事前準備

Monaca クラウド IDE からプッシュ通知を行うには、Monaca バックエンドを事前に準備しておく必要があります。Monaca バックエンドの作成方法に関しては、 Monaca バックエンドのセットアップ または Monaca バックエンドの管理 をご確認ください。

プッシュ通知の設定 ( Monaca 上での処理 )

プッシュ通知を実際に使用する前に、対象のプラットフォームに応じた設定を [ プッシュ通知設定 ] 上で行う必要があります。次のリンク先をご確認ください。

注釈

Monaca デバッガー上では、プッシュ通知は受け取れません。プッシュ通知の検証時には、アプリを実際にビルドする必要があります。

プッシュ通知の送信 ( Monaca 上での処理 )

Monaca クラウド IDE からプッシュ通知を行うときは、次の手順に従います。

  1. Monaca クラウド IDE 上で、 クラウド ( 雲 ) アイコンを選択して、次に、プッシュ通知 を選択します。

  2. [ プッシュ通知履歴 ] タブが表示されます。

../../../_images/174.png
  1. [ プッシュ通知履歴 ] タブ下の アプリ宛に作成 をクリックして、次の画面を表示します。

../../../_images/250.png
  1. 送信先の OS を選択します

  2. 次のプッシュ通知情報を入力します。

パラメーター

説明

件名

[ Android 専用 ] 通知のタイトルです。

メッセージ

通知の本文です。

バッジ

[ iOS 専用 ] このオプションを有効し、1 以上の整数を指定すると、アプリ側のアイコン右上に数値が表示されます。

JSON データ

[ 任意 ] ユーザーが通知を開いたときに、アプリ側に渡される JSON データです。詳細は、JSON データの受信方法について をご確認ください。

  1. 追加する ボタンをクリックして、プッシュ通知を送信します。通知は、キューに置かれたあとに送信されます。プッシュ通知を行うサーバー側に負荷 ( 大きなトラフィック量 ) がかかっている場合には、送信までに時間がかかります。プッシュ通知の送信状況に関しては、次の解説をご確認ください。

配信状況の監視

プッシュ通知画面では、通知の送信状況を確認できます。次の情報が表示されます。

プラットフォーム

配信先のプラットフォーム

ステータス

配信状況

日時

配信したときの日付

配信端末

成功した配信の数です。成功した配信数/合計配信数 の形式で、結果が表示されます。「 成功した配信数 」 は通知に成功した数を示し、「 合計配信数 」 は実際に発信した通知の数を指します。次のスクリーンショットをご確認ください。

メッセージ

通知の内容

../../../_images/339.png

JSON データの受信方法について

プッシュ通知とともに、JSON データも送信できます。 JSON データは、monaca.cloud.Push.setHandler 関数を使用して処理できます。JSON データは、data 変数に代入されコールバック側へ渡されます。処理の例は次のとおりです。

monaca.cloud.Push.setHandler(function(data) {
  // JSON data within push notification
  console.log(data);
  console.log(data.item)
});

注釈

コールバック関数は、ページが読み込まれた後に呼び出されます。呼び出しには、多少の時間がかかるため、この点を留意ください。