トラブルシューティング ガイド

Monaca デバッガーとのペアリングが失敗する場合

Monaca デバッガーと ホスト PC のペアリングが失敗する場合、いくつかの理由が考えられます。

  1. Monaca デバッガー側は、ホスト PC を認識しているが、ペアリングが失敗する場合 : 多くの場合、ホスト PC 側のファイアーウォールに起因します。なお、ホスト PC とデバッガー間の通信には、TCP 接続を使用します。ポート番号は、8001 です。待ち受けポートの変更方法に関しては、 設定ダイアログ をご確認ください。ポート番号またはファイアーウォール設定の変更後は、再度、ペアリングをする必要があります。
  2. Monaca デバッガーが ホスト PC を認識していない場合 : ホスト PC と端末が、同じネットワークに接続されているか確認します。同じネットワークに接続されているが、Monaca デバッガー側で、ホスト PC を検知できない場合には、次のように、手動でペアリングをします。

Monaca デバッガーと ホスト PC を、次の手順に従い、手動でペアリングします。

  1. Monaca デバッガー画面の左上端に表示された切り替えメニューをタップして、次に、 ローカルコンピュータ ボタンをタップします。

  2. コンピュータを手動で追加する ボタンをタップします。

  3. ホスト PC の IP アドレスとポート番号 を入力して、 ペアリング ボタンをタップします。

  4. ペアリング後、[ ペアリング済み ] タブ下に、次のように、ホスト PC が表示されます。

公共の Wi-Fi アクセスポイントでは、まれに、クライアント同士の接続を禁止しています。この場合、別のネットワーク環境を使用してください。

IP アドレス と ポート番号

Monaca デバッガーと ホスト PC を接続する場合、IP アドレスとポート番号が必要です。IP アドレスは、ホスト PC の識別に使用するもので、ポート番号 ( デフォルトでは、8001 ) は、Monaca 提供のローカル環境用の開発ツール ( Monaca CLI、Monaca Localkit、Monaca for Visual Studio など ) 側が通信に使用するものです。また、ポートは、未使用であること ( 競合していないこと )、開放されていることが必要です。これ以外の場合、通信は確立できません。

種類の異なる、Monaca 提供の開発ツールを、1台の PC 上で、複数起動させる場合、デフォルトのままでは、ポート番号が競合します。競合を避けるため、各ツールが使用するポート番号を適宜変更してください。
OS Mac Windows
IP アドレス IP アドレスの確認方法
  1. ターミナルを開きます。
  2. ifconfig と入力して、実行します。
IP アドレスの確認方法
  1. コマンドプロンプトを開きます。
  2. ipconfig と入力して、実行します。
ポート番号 ポート状態の確認方法
  1. ターミナルを開きます。
  2. lsof -i :PORT_NUMBER と入力して、実行します。
ポート状態の確認方法
  1. コマンドプロンプトを開きます。
  2. netstat と入力して、実行します。

インスペクタが起動しない場合

インスペクタが開かない場合は、次の点を確認します。

  • こちらの 手順 を参考にして、行っていない箇所がないか、再確認します。
  • デバッガー上でアプリが実行されているか確認します。
  • ケーブルを抜き差しして、コンピューターが端末を正しく認識するか確認します。
  • 端末と ホスト PC 間が、USB ケーブルで接続されているか確認します。
  • 指定された Monaca デバッガーを使用しているか確認します。
  • adb プロセスを終了 ( kill ) させます。複数の adb プロセスが実行されている場合、すべてを終了させます。
  • iosWebKitDebugProxy プロセスを終了 ( kill ) させます。複数の iosWebKitDebugProxy プロセスが実行されている場合、すべてを終了させます。
  • ホスト PC 側を再起動します。

参考ページ