IDE

Monaca を使用するためには何が必要ですか?

Monaca クラウド IDE を使用するためには、「安定したインターネット接続 」 と 「 最新の Google Chrome ブラウザー 」 が必要です。なお、アプリを検証するときには、スマートフォンなどの携帯端末が別途必要となります。また、Monaca が提供している Monaca デバッガー アプリを端末にインストールすれば、開発効率を上げることもできます (Monaca デバッガーを使用すると、コードを変更するたびに、変更箇所がアプリ側へ反映されます。コードの修正に通常伴う再ビルドと再インストールは必要ありません)。

また、Monaca クラウド IDE ( クラウド環境用 ) 以外にも、ローカル環境用の開発ツールも提供しています。Monaca ユーザーの多様なニーズに応じられるように、Monaca Localkit and Monaca CLI を現在提供しています。

Monaca を使用したモバイルアプリの開発には、どんな知識が必要となりますか?

簡単なアプリの開発であればHTML5、CSS3、JavaScript をある程度知っていれば、開発をすぐに始められます。

Java または Objective-C を使わなくても、スマートフォン向けアプリの開発が Monaca でできるのはなぜですか?

Monaca では、Apache Cordova を使用しています。Apache Cordova は、アプリ開発用フレームワークの一種です。このフレームワークを使用すれば、HTML5 アプリを、各種ネイティブアプリ ( Android アプリ、iOS アプリ、他のプラットフォーム向けアプリ ) としてパッケージ化してくれます。また、Apache Cordova を経由すれば、ネイティブ側の機能へ JavaScript からアクセスできるようになります。よって、Monaca を使用したアプリ開発では、Java ( Android ) と Objective-C ( iPhone・iPad ) の知識は必要ありません。

Monaca が対応している、端末側の OS を教えてください。

Monacaの各ツール群の対応OSについてはこちらの 対応環境 ページをご覧ください。

Android アプリで使用しない機能に関して、パーミッション ( 使用許可 ) を削除するには?

アプリの機能に関するパーミッション ( 使用許可 ) 設定は、AndroidManifest.xml ファイルの <uses-permission> 要素を使用して行います。詳細は、Android の設定 をご確認ください。

Mac を持っていないのですが、iOS のアプリケーションを作成することはできますか?

Monaca は、ブラウザー上で使用する IDE です。つまり、Monaca がサポートしているブラウザー ( Google Chrome ) と安定したインターネット接続があれば、Monaca を使用して iOS アプリを開発することができます。

iOS アプリを開発する場合には、Apple Developer Program へ加入することが求められています。また、App Store でアプリを公開するときには、Application Loader を使用して、アプリのファイル ( *.ipa ) を提出する必要があります。Application Loader は、Mac 専用のソフトです。

Monaca クラウド IDE 上では、Application Loader と同等の機能を持つ Monaca 提供のアップロード機能 を提供しています。こちらの機能を使用すれば、アプリのファイルを、Monaca クラウド IDE から直接提出することができます。よって、Monaca を使用すれば、iOS アプリの開発から提出に至るまで Mac を所有する必要はありません。

Monaca クラウド IDE が開けません。

Monaca クラウド IDE は、Google Chrome 上で動作するように設計されています。他のブラウザー上でも起動させることはできますが、IDE が開けないなどの予期せぬエラーが発生する場合があります。よって、Google Chrome ブラウザーを使用するよう推奨しています。

Monaca クラウド IDE では、モバイルブラウザーをサポートしていません。

Monaca アプリの開発において、現在使用している開発環境をそのまま利用したいのですが?

現在お使いの開発環境をそのまま使用することができます。Monaca では、Monaca LocalkitMonaca CLI などのローカル環境用の開発ツールを提供しており、これらのツールは、お好みの IDE やコードエディターと併用することができます。

IDE に実装されているプレビューパネル上でアプリを実行できません。

ライブプレビュー の使用時には、次の点に留意する必要があります。

  • Cordova プラグインの API は、利用できません。
  • 同一生成元ポリシー ( Same Origin Policy ) による制限があるため、Ajax リクエストは行えません。ただし、サーバーからのレスポンスに、 Access-Control-Allow-Origin ヘッダーを追加した場合は、この限りではなく、クロスドメインの Ajax リクエストが行えます。
  • 実際の端末とは、ビューポートの外観が異なることがあります。
  • Monaca バックエンド API とプッシュ通知機能は、初期化できません。

プロジェクトをアーカイブできません。

プロジェクトのアーカイブ機能は有料サービスです。詳細は、料金プラン をご確認ください。

外部ドメインからのリソースを、ライブプレビュー上で表示したいのですが。

同一生成元ポリシー ( same origin policy) では、CORS ( cross-origin resource sharing / 異なるオリジンからデータを取得すること ) を制限しており、よって、複数のドメインをまたぐ、JavaScript からのリクエストも禁止されています。これは、クロスドメインのリクエストには、少なからず脆弱性が存在するためです。

Cross-Origin Resource Sharing ( CORS ) を有効にしたいのですが。

次のヘッダーを CORS ( Cross-Origin Resource Sharing ) のレスポンスに追加すれば、CORS を有効にできます。

Access-Control-Allow-Origin: *

上記に付け加え、アプリまたはデバッガー側から外部の URL へのアクセスを許可する場合には、次のいずれかの設定を行います。

Monaca Cloud IDEが、正常に動作していません。

Monaca Cloud IDE が正常に動作しない場合は、次の項目を試してください。

  1. Monaca クラウド IDでは、Chrome 最新版を推奨しています。Chrome 以外のブラウザーを利用している場合は、Chrome 最新版をご利用ください。
  2. Chrome 最新版を利用している場合は、ブラウザーのキャッシュクリアーをお試しください。
  3. Chrome に拡張機能等を組み込んでいる場合は、正常に動作しない場合があります。拡張機能を組み込んでいる場合は、Chrome の「シークレットウィンドウ」から Monaca クラウド IDE を起動してお試しください。

キーストアを復旧したいのですが。

キーストアの復旧につきましては、 Monaca 問い合わせ窓口 までご連絡ください。

ダッシュボードにプロジェクトが表示されません。

Freeプランでは、180 日以上ログインが確認されない場合、プロジェクトは自動的にアーカイブへ移動されます。プロジェクトがアーカイブへ移動される前には、回避策が記載されたメールが送信されます。

アーカイブされたプロジェクトの復元をご希望の場合は、有料プランに加入後、 Monaca 問い合わせ窓口 までご連絡ください。

プラグインをアップロードするとき、200 MB の制限エラーが発生するのはなぜですか?

Monaca クラウド IDE に 200 MB 以上の Cordova プラグインをアップロードすることはできません。 ただし、ビルド中に Cordova プラグインをインポートすることは可能です。 ビルド中にプラグインをインポートする手順は、次の通りです。

  1. Cordova プラグインを任意のファイルホスティングサイトにアップロードします。 GitHub の使用をお勧めします。
  2. Monaca クラウド IDEの、 Cordova プラグインのインポート ダイアログを開きます。
  3. URL もしくはパッケージ名を指定します を選択します。
  4. パッケージ名または URL を入力します。
  5. OK をクリックします。