デバッガー

Monaca デバッガーとは何ですか?

Monaca デバッガーとは、デバッグ用のアプリです。Monaca デバッガーを使用すれば、アプリを毎回ビルドせずに、アプリの動作を端末上で確認できます。また、コードを修正した場合にも、端末上のアプリに即座に反映されます。これにより、ビルドと実行処理を省略することができ、スピーディーに開発と検証を行えます。詳細は、Monaca デバッガー をご確認ください。

Monaca デバッガー上と端末上で、アプリの動作に関して、なにか違いがありますか?

Monaca デバッガー上のアプリの動作は、その仕組上、端末上のアプリの動作とは異なる点があります。このため、アプリのビルド・インストール後には、インストールの成否・アイコン・動作などを、端末上でも、再度確認する必要があります。前述した異なる点として、Monaca デバッガーと Monaca クラウド IDE 間の接続時間分だけ、端末にインストールしたアプリよりも、デバッガー上での動作は遅くなります。

ビルド前に、開発中のアプリの動作確認はできますか?

Monaca では、Monaca クラウド IDE 上で、 ライブ プレビュー 機能を提供しています。このプレビュー機能を使用して、アプリのレイアウトと動作を確認できます。また、Monaca デバッガーを使用すれば、ビルド前のアプリを端末上で検証できます。Monaca クラウド IDE のプレビュー機能と Monaca デバッガーのどちらも、開発効率の向上に役立つツールですので、ご活用ください。

デバッグログが表示されません。

一部の端末 ( HTC 社製の端末など ) において、デバッグログが表示されないことが確認されています。弊社サポートチームでも解決策を講じますので、こちらの Monaca 問い合わせ窓口 から、端末情報をご提供ください。

Android でアプリを起動したときに、アプリが強制終了します。

AndroidManifest.xml ファイルの設定に問題がないか、再度ご確認ください。PhoneGapを使用している場合、 <uses-permission android:name=”android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE”></uses-permission> の設定が必要です。詳細に関しては、Android の設定 をご確認ください。

Monaca デバッガーが動作しません。

Monaca デバッガーを再インストールしてください。再インストールしても正常に動作しない場合には、 問い合わせ窓口 までご連絡ください。

適用したはずの CSS と Javascript ファイルが、ライブプレビューに反映されません。

外部の JavaScript コードと CSS を読み込むときに、認証がかかっていて読み込めないなど、何らかの事情で読み込めていない可能性があります。

Monaca デバッガーに、ログインできません。

Monaca デバッガーのログイン障害の一般的な原因と解決法を、次に記します。

  • パスワードには、アルファベットと数字のみを使用してください。これ以外の文字が含まれている場合には、パスワードを修正してください。
  • インターネット接続を確認してください。
  • 電子メールアドレスの入力時に、自動補完 ( auto-complete ) をオンにしている場合には、手動にて、アドレスとパスワードを入力してください。

Angular.js などの外部ライブラリーを読み込むと、エラーが発生します。

外部の JavaScript ライブラリーが出力した例外 ( exception ) を、Monaca デバッガー側では、エラーと認識する場合があります。このエラーにより、アプリの機能が停止しなければ、これを無視してもかまいません。ただし、ビルドしたアプリを端末上で実行した場合に、同じエラーが出力されるときには、対応が必要です。

「 通常/ストア版 Monaca デバッガー 」 と 「 カスタムビルド版 Monaca デバッガー 」 の違いは何ですか?

主な違いとして、デバッガーの入手先、デバッガーに組み込まれているプラグインの種類、USB デバッグのサポート ( iOS のみ ) の有無があります。

  1. デバッガーの入手先 : 通常版 Monaca デバッガーは、ストアから、ダウンロードします。カスタムビルド版 Monaca デバッガーは、Monaca クラウド IDE から、インストールします。
  2. デバッガーに組み込まれているプラグイン ( 標準装備のプラグイン ) : 通常版 Monaca デバッガーには、基本プラグインが組み込まれています。カスタムビルド版 Monaca デバッガーには、Cordova プラグインの管理画面から、ユーザーが選択したプラグインが組み込まれています。
  3. USB デバッグのサポート ( iOS のみ ) : デバックビルド版のアプリが対象です。よって、App Store から入手した Monaca デバッガー ( ストア版のデバッガー ) では、USB デバッグはできません。詳細に関しては、iOS 向け Monaca デバッガー をご確認ください。

アプリに不具合があるようですが、自分で確認する方法はありますか?

Monaca では、3 種類のデバッグ方法と機能を提供しています。

  1. プレビュー機能を使用したデバッグ
  2. Monaca クラウド IDE ( Weinre ) と Monaca デバッガーを併用したデバッグ
  3. USB デバッグと Monaca デバッガーを使用したデバッグ

詳細については、使用例 をご確認ください。

ネットワーク インストールとはなんですか?

ネットワーク インストールとは、アプリを端末へインストールする方法の 1 つです。Monaca デバッガー経由で、Ad Hoc ビルド版アプリまたはデバッグビルド版アプリを、端末にインストールできます。詳細に関しては、 Android 向けアプリのネットワーク インストール または iOS 向けアプリのネットワーク インストール をご確認ください。

プロジェクトの変更内容がMonacaデバッガーに反映されません。

Monacaデバッガーにプロジェクトの変更内容が反映されない場合は、下記の手順をお試しください。

  • 最新バージョンの Monaca デバッガーを使用してください。
  • Monaca デバッガーをリセットします。

Monaca Debugger のリセットは、下記の手順で行うことができます。

  1. Monaca デバッガーの一時ファイルをクリアーする

    • Android の場合:

      • Monaca デバッガーメニューから、 設定 に移動します。
      • 同期データを削除する ボタンと、 Local STORAGEを削除する ボタンをクリックします。
    • iOSの場合:

      • Monaca デバッガーメニューから、 設定 に移動します。
      • 一時ファイルをクリア ボタンと、 ローカルストレージをクリア ボタンをクリックします。
  2. Monaca デバッガーからログアウトします。

  3. 再度、Monaca デバッガーにログインします。

問題が解決できない場合には、 Monaca 問い合わせ窓口 までご連絡ください。

Cordova 6.5プロジェクトの iOS で console.log が表示されません。

Monaca Core Utility のバージョンを確認してください。 Cordova 6.5 プロジェクトでは、 Monaca Core Utility Version: 2.0.6 が、標準設定にになります。 旧CordovaプロジェクトをCordova 6.5にアップグレードした場合は、Monaca Core Utility のバージョンは更新されません。Monaca Core Utility のバージョンが 2.0.6 より低い場合は、下記の手順で更新を行うことができます。

  1. 設定 → JS/CSS コンポーネントの追加と削除 へ移動します。
  2. Monaca Core Utility を削除します。
  3. Monaca Core UtilityAdd ボタンをクリックして、再度追加します。
  4. バージョン 2.0.6 選択し インストール ボタンをクリックします。
  5. 保存 ボタンをクリックします。Monaca Core Utility Version: 2.0.6 が、リストに表示されます。