Android 向けの Monaca デバッガー

../../../../_images/320.png

Android 向けの Monaca デバッガー

注釈

Monacaバックエンドプラグインは、Monaca Debugger(ストアバージョン)とカスタム版Monaca Debuggerの両方ともに含まれていません。

注釈

Cordova 5.2 より前のバージョンを実装したプロジェクトを、Monaca デバッガー 5 系上で実行する場合、不具合が生じることがあります。修復方法を次に記します。

  1. プロジェクトに実装されている Cordova のバージョンを更新

  2. カスタムビルド版 Monaca デバッガー を使用 ( 旧バージョンの Cordova に対応するため )

 

ストア版 Monaca デバッガー

カスタムビルド版Monacaデバッガー

説明

ストア版 Monaca デバッガー

Monaca クラウド IDE にて、ビルドして作成する Monaca デバッガー

インストール方法

  1. Play Store
  2. Amazon App Store

カスタムビルド版 Monaca デバッガーのビルドとインストール を参照のこと

Cordova プラグイン

基本 Cordova プラグインおよび複数のサードパーティー製 Cordova プラグインがあらかじめ実装されています。

基本 Cordova プラグインやサードパーティー製 プラグインに加えて、ユーザー自作の プラグインなどを組み込むことができます。

パッケージ名 ( Android:PackageName )

mobi.monaca.debugger

設定画面にてユーザー側で設定

アプリのリリース番号 ( 表示用 / Android:versionName )

固定 ( 現在は 6.0.1 )

ユーザー側で設定

アプリのビルド番号 ( 内部処理用 / Android:versionCode )

固定 ( 現在は 600012 )

ユーザー側で設定

USB デバッグ

利用可 ( Chrome DevTools )

利用可 ( Chrome DevTools )

Localkit のインスぺクタ機能

WebView

Stock と Crosswalk

Stock と Crosswalk

ネットワーク インストール

Cordova プラグイン

Monaca デバッガーには、「 基本 Cordova プラグイン 」 および 「 サードパーティー製 Cordova プラグイン 」 が、あらかじめ実装されています。

基本 Cordova プラグインとは、バッテリー情報の取得 API、カメラ API、住所録の取得 API、端末情報の取得 API などを指します。詳細は、基本 Cordova プラグイン ( Cordova のコア プラグイン ) をご確認ください。

また、DatePicker、BarcodeScanner など、サードパーティー製 ( 第三者提供 ) の Cordova プラグインも、Monaca に実装されています。詳細は、 サードパーティー製 Cordova プラグイン をご確認ください。.

これ以外の第三者提供 ( 「 外部の Cordova プラグイン 」 ) または自作のプラグイン ( 「 ユーザー Cordova プラグイン 」 ) をプロジェクトに追加することもできます。ストア版の Monaca デバッガーには、これらのプラグインはデフォルトでは実装されていないため、このデバッガー上でアプリをそのまま実行しても、正しく動作しません。そこで、ストア版のデバッガーの代わりに、カスタムビルド版の Monaca デバッガーを使用します。カスタムビルド版も、ストア版も、どちらも Monaca デバッガーですが、カスタムビルド版のデバッガーは、Monaca クラウド IDE 上で 「 ビルド 」 して、端末にインストールします ( Monaca デバッガーは、アプリです )。詳細は、カスタムビルド版 Monaca デバッガーのビルドとインストール をご確認ください。

USB デバッグ

Android 向けの Monaca デバッガーでは、USB デバッグをサポートしており、Google Chrome ブラウザーを使用したリモートデバッグが行えます。リモートデバッグで行える主な処理は、次のとおりです。

  • Console を使用したデバッグ : Console を使用して、各種メッセージを出力できます。

  • DOM の解析 : DOM の構造の確認と修正を行えます。また、リアルタイムで、更新を反映できます。

  • JavaScript のデバッグ : JavaScript パフォーマンスのプロファイリング、分析ポイント ( ブレークポイント ) のセット、実行処理の制御を行います。

詳細は、Android 向けアプリのデバッグ方法 ( Monaca デバッガーと USB デバッグを使用 ) をご確認ください。

Localkit のインスぺクタ機能

Windows と Mac OS の両方で、このインスペクタ機能を使用できます。

WebView

Android 向けのデバッガーには、Stock と Crosswalk の両方の WebView エンジンが実装されています。アプリ側で使用する WebView の種類により、自動で、WebView が切り替わります。

ネットワーク インストール

Android 向けの Monaca デバッガーでは、デバッガー経由で、ビルド済みのアプリ ( デバッグビルド版のみ ) を端末にインストールできます。詳細は、 ネットワーク インストール ( [ インスト ] の解説 ) 機能を、ご確認ください。

カスタムビルド版 Monaca デバッガーのビルドとインストール

  1. Monaca クラウド IDE メニューから、 デバッグ ‣ デバッガーの説明とインストール を選択します。

  2. Android 向けデバッガーインストール ‣ ビルドしてインストール を選択します。

../../../../_images/128.png
  1. ビルドが完了するまで、数分かかる場合がありますので、しばらく待ちます。ビルドが完了すると、次の画面が表示されます。ビルドしたアプリは、QR コードを使用して、端末にインストールするか、または、ファイルを PC へダウンロードすることができます。

../../../../_images/417.png
  1. デバッガーを端末へインストールした後、Monaca アカウントを使用して、デバッガーにログインします。次に、IDE の画面に戻り、Monaca デバッガーをインストールして、ログインしました。 にチェックを入れ、次へ をクリックします。

  2. Monaca クラウド IDE とデバッガー間が接続されます。接続後、実機デバッグ をクリックすると、デバッガー上でアプリが同期・実行されます。

../../../../_images/512.png
  1. デバッガー上でアプリが実行されていることを確認します。この状態で、アプリの検証を行えます。また、IDE に一度戻り、アプリを修正・保存してみましょう。修正箇所は、保存後、直ちにデバッガー側にも反映されます。

../../../../_images/614.png